上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
お早う御座います。
最後に更新し、長らくご無沙汰しておりました。

その後の手の調子ですが、春に病院で飲み薬とステロイドの塗り薬を処方してもらったのですが、その後出張などが立て続けに入ったため暫く放置しておりました。
以前より南国に行くと調子が良くなっており、夏場は至って好調でした。
そして先月ようやく病院に行ったら何時の間にやら主治医が変わっておりました。

新しい主治医曰く、かさつきはあるが、真っ赤な腫れはないので飲み薬やステロイドは不要。
かさつくところに尿素の軟膏を塗れば良し、との事。
そして冬となった12月現在、若干のかさつきは残るものの、特に問題なく生活出来ております。

思えばちょうど一年前、手の皮がベロベロ剥けて膿が止まらず、漢方薬の医院を訪ねるも更に悪化し感染症まで起こしました。やむなく漢方から西洋医学に鞍替えすると同時に人生初の3カ月にも及ぶ禁酒を断行しました。
その後も節酒をするなかで、折からの不景気のせいで接待を控えた事もありますが、夜の時間をもて余すようになった私は、それまで思いもしなかった事をいろいろ考えるようになり、いつしか大学院への通学を始めるに至りました。
20121223.jpg

思えば若いときから飲酒を覚え、素行不良なまま大人になり、このままではろくな死に方をしないばかりか家族にも迷惑をかけるぞ、という神の思し召しによって人生を軌道修正すべく導かれたのかなと考えております。

これからも自分と家族のため、そして愛するニッポンのため、命を懸けて頑張ります。

スポンサーサイト
2012.12.23 Sun l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
6月に入り、またもや南国に出張しておりました。高温多湿という条件だと、皮膚に負担がかからないためか快適です。
投薬は相変わらずアレグラ・ミノペンを1日2回服用し、現在手の皮のごく一部が少し向けているだけで、特に問題はありません。
薬を止めたらどうなるのでしょうか?
2012-06-18 23.31.15
2012.06.18 Mon l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回の更新からこのかた、小康状態が続いております。
これまでも南国に行くと調子が良くなったりしていたので、冬が終わり空気中の湿度が上がった為皮膚への負担が減ったものと思われます。

全般的には小康状態ですが、部分的には水泡が出来る⇒破裂する⇒ふさがる 
の繰り返しです。
CIMG0880.jpg


また、爪の変形が見られます。
CIMG0877.jpg

投薬から解放される日は来るのでしょうか?
2012.04.30 Mon l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さる3月23日に検診に行った際に、従来服用しているアレグラの他に、ニキビの薬である「ミノマイシン」という薬を処方されました。
この薬は飲むと眠くなるものらしく、それから物忘れが激しかったりおかしなミスをしたり、眠くてしかたなかったり。
今は多分慣れてしまったのかあまり気になりませんが。

その後出張で南国に来ています。

しばらくバタバタしており、薬を飲んだり塗ったりするのが面倒だったので4日間ほどさぼっていました。

すると、写真のように指先に水泡ならぬおでき状の「腫れ」が出来て盛り上がり2012-04-01 19.17.21
、流石に投薬を再開しました。

しばらく薬漬け生活を余儀なくされます。
2012.04.06 Fri l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
約3週間にわたり苦しみ続けた咳は、吸入薬の効果かやっと止まり、運動を再開する事が出来ました。
日曜日にジムに行き、今日は久しぶりに空手の稽古に行き、爽やかな汗を流しました。
どうやら喘息ではなかったようで、一安心です。

手の方は相変わらずで、一皮むけたと思ったらまた新たな水泡が・・・・。
こちらは一筋縄では行きません。

先週病院に行った際に、薬の効きが今一つなので血液検査をし、アレルギーを調べております。
明後日結果を聞きに行きます。どうなる事やら・・・。
2012.03.21 Wed l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。