上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
12/23 ステロイド使用3日目

12月20日に指の腫れがひどい事になり、近所の外科に駆け込みました。
そこで痛み止めと抗生物質を処方され、翌日見ると患部や新たに出た「膿疱」が嘘のように治まっており、抗生物質の威力をまざまざと見せつけられました。

さて、紹介状を携えて翌日国立病院に行きました。
この国立病院では、まず最初に若い研修医の方がこれまでの経緯と現在の病状を、かなり丹念に聞き、その上で担当医につなぐというシステムを取っていました。

これまで皮膚科での診察は、患部をちらっと見て「それではお薬出しときますから」であっさり終わり、病状や薬についてほとんど説明らしい説明が無かっただけに、この真摯な姿勢に少々感激です。

下された診断は、「異汗性湿疹」つまり「汗疱」でした。

先生が言うには、
* まずこの湿疹の症状を抑えるのが先決だが、漢方治療だけでは治らないだろう
* 短期間にステロイドとアレルギーの薬を投与し症状を治す
* 処方の薬と漢方薬と併用するのは問題ない。

との事。

処方されたのは、強度のステロイド軟膏と亜鉛華軟膏を半々に混ぜたものと抗ヒスタミン剤のアレグラでした。

投薬と軟膏で、翌日には浸出液が止まり、2日目には表面が角質化してきました。
写真は3日目ですが、もともとの皮が急激に角質化してはがれ出し、その下からまた新たな皮膚がすごいスピードで再生して来ています。
あれほど手を尽くしても浸出液が止まらず、挙句の果てには激しく化膿して危険な状態だったにも関わらず、投薬によってあっという間にここまで症状が改善したのには正直言って驚き、医学の進歩に感謝しました。

あのまま漢方薬局の「何もしないのが一番です」という言葉を信じ、痛みをこらえ続けていたら今頃どうなっていたかと思うとゾッとします。

今私を悩ませている手の湿疹の遠因は、「ストレス」「業務上の過剰な手洗い」「体質」などで、その「体質」を変える為に漢方治療を始めたのですが、患部が急に悪化し、化膿などしたら最早手に負えません。
患部の症状が我慢できる範囲であれば漢方治療オンリーでも良いかもしれませんが、目先の病状をどうにかする必要がある場合は西洋医学に頼らなければ危険だという事が良く分かりました。

・・・・続く
スポンサーサイト
2011.12.29 Thu l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
漢方薬の袋

これが12月10日に漢方薬局で処方された漢方薬、
「竜胆瀉肝湯加薏苡仁」です。
水分代謝を正常化し炎症を抑える薬だそうですが、肝機能の向上も狙うとの事。

この薬を朝晩飲んで2週間が経ちます。それに加え、禁酒をしています。
これまでに

急に寒がりになった

口角炎が出来た

あれこれアイデアが浮かばなくなった

等の変化が見られました。

急に寒がりになったのは、今までお酒の飲みすぎでポカポカしていたものが取れたのか、それとも薬のもつ熱さましの作用が効いているのか不明です。

口角炎の方は理由が良く分かりません。普段より良く寝ているし、栄養バランスもかなり気を配っているので心当たりがありません。

精神面では、以前無理なダイエットを試みた際に軽いうつ状態だったのですが、今回もそれに近い状態かもしれません。
妻には「あくが抜けて普通の人になった」と言われますが、本人にしてみればアイデアがどんどん湧かないのはいかがなものかと思います。

ともあれ、薬がこれから効いてくることに期待しております。
2011.12.25 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここいらで、少し長くなりますが、管理人の今までの放蕩歴を、自戒を込めて振り返ってみたいと思います。

管理人は現在42歳。
これまでの放蕩歴を時系列で羅列すると、

14歳 釣りが好きで、夜釣りの際に寒さ対策の為地元の名産「二階堂
    を飲むようになり、お酒の美味しさを知る。
    回りがスモーカーだらけだったので、自分もスモーカーに。

15歳 部活の後の晩酌にはまる。
    安物のウイスキーを好んで飲んでいた。
    喫煙は部活がきつかった為控えるように。

18歳 大学に入学。完全禁煙。お酒は「イモ焼酎」を中心にそれなりに。

19歳 カラテ道場の「寮」に入居。稽古は過酷を極める。師範がビール党であったため、
    毎晩稽古後の
    ビール1リットルが唯一の楽しみに。

21歳 手の指の水泡が出る。

22歳 大学卒業後就職。運動をやめたため、体重が少し増えたが体調は至って良好。
    この時γーGTPを始めて測定し、18であった。

24歳 このとき、「おたふくかぜ」を患う。喫煙を再開。

  ***この間、営業マンとして、酒・たばこ等、やりたい放題をつくす。***

28歳 深夜の帰宅が続く。水虫が出る。

30歳 結婚。転職。
    水虫治療のために訪れた近所の皮膚科で血液検査を行い、γ-GTP(200程度)と
    尿酸値(7.6)が高いと指摘を受ける。
    この年から海外出張に頻繁に出るようになる。
    行った先がワインの産地であることが多かった為ワインにはまる

31歳〜38歳 
    この間、夏の間は日本と海外を行き来しながら、ほとんどを海外の生産現場で過ごす。
    現場では日本から連れて行った漁師さん達と一緒で、日中は肉体労働をこなし、
    夜は毎晩慰労会。
    僻地で自炊だった為、「野菜」と称しワインを毎晩飲んだくれる。
    酒量は、通常バドワイザーを4-5缶+ワインをボトル半分程度+ウイスキー数杯
    健康診断では、毎年γ-GTP(200オーバー)と尿酸値(9前後)が毎年引っ掛かる。

34歳 空手を再び始める(とはいっても時間的に大した稽古は出来なかったが)。

35歳 元旦に禁煙を始める。理由は空手と喫煙は両立できないため。飛行機での移動が楽になった。

36歳 夏に海外と日本を行き来しているときに、突発性難聴を患う。
    「絶対安静」と言われながらも大量の薬を携えてそのまま海外の現場へ。
    幸い回りのお蔭で現場で無理をせずに済んだので、難聴は治癒。
    その後数か月にわたり「節酒」し、γ-GTPは100程度まで低下。

39歳 健康診断で、γ-GTPと尿酸値が「要精密検査」となり、今湿疹でお世話になっている
    国立病院へ。その際に2週間の禁酒を言い渡される。
    2週間後の再検査では、両方とも基準値であった
    (今思えば、その事で自分は病気をしないという根拠のない自信を持つに至った)。

40歳 夏の家族旅行を控えたある日、足の第二指がうずく。
    痛みは、突き指で骨折するのと同程度。
    ついに10年間怯え続けた痛風の発作が起きた。
    その日から現在まで、痛風患者として毎朝晩の投薬を欠かしていない。

42歳 3月上旬から7月まで、ほとんどの時間を海外の現場で過ごす。
    行った場所が、ビールの消費量を誇る国柄であったため、毎晩ビールを飲みまくる。
    その間、一日二回ほど「石鹸」「次亜塩素酸ナトリウム」「アルコール」で手を
    完全殺菌し、その上からラテックス手袋をはめて現場で従事した。

    ストレス・飲酒・過酷な手洗いとラテックス手袋による手への負担、などが相俟って
    手の水泡は悪化する一方で、ついにこの夏ごろからひび割れが生じるようになる。


振り返ると、14歳の頃に背伸びして覚えたアルコールの味でしたが、肉体的・精神的に頑張ったと思える日、おめでたい事があった日、忘れてしまいたい事があった日、私は「乾杯!」する事に無上の喜びを見出して来ました。
特に頑張った後のビール、旅先や家で美味しい食事と一緒に戴くワインは私の最大の楽しみでありました。

これからは今までのような無茶な飲み方は控えなくてはなりませんが、何時までも美味しいお酒を楽しめるように、そして支えてくれている家族と共に健康な生活を楽しめる様に、今の苦境を乗り越えて行きたいと思います。

    
2011.12.23 Fri l 生活習慣 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011-12-19 22.26.31

先週来、漢方薬を朝晩飲み、患部に「ヒビケア」「ユースキン」などを塗布し、ガーゼなどで覆ってカバーしておりました。

漢方薬局から「服用を始めて1週間経ちますが、その後どうですか?」という電話を戴き、
*今のところ、症状の改善は見られない
*患部の薄皮が角質化し常時細かいひび割れがある。痛いし不便なので薬を塗ってカバーしている
*これまで寒さ知らずだった自分が、急に寒がりになった

とお伝えしたところ、
*飲み始めて1週間なので、目に見える改善はまだまだ先になる
*患部には出来るだけ何もしない方がいい

との事でありました。

その事があり、夜寝るときは薬を塗らず、カバーを外して寝るようにしました。

しかし12月18日頃から病状がさらに悪化し、19日には薄皮がなくなり、「浸出液」がとめどなく流れる事態に陥りました。
「傷ドライスプレー」や「ポリ(湿疹ジュクジュクを乾かす薬)」も焼け石に水状態で、写真の通り真っ赤な真皮?が露出し、どうにもなりません。傷口はずきずき痛むようになりました。

今更ながら湿疹による傷口のジュクジュクは怪我とは違い、湿疹そのものを抑えなくては防げず、余計な薬は却って湿疹を刺激するので逆効果であることに気づきました。

漢方の薬局に相談すると、「何もしないのが一番です」と。

理屈は分かるが、こちらも生身の人間で、痛むものは痛むし、何かでカバーしなくては浸出液や血液で回りが汚れるので不便極まりない。

そうこうするうちに、いよいよ痛みは増し、12月20日には勤務先を早退して病院へ駆け込む羽目になりました。

過去皮膚科には何軒にもかかってきましたが全然改善せず、おまけに長年治療を続けてきた「水虫」が実は水虫ではなく「汗疱」が足に出たものであることが判明した事もあって、皮膚科に行く気にはなれなかった為、今回は自宅にいた妻に頼んで「外科」に連絡してもらい、「では一度見てみましょう」という先生を探してもらいそこへ駆け込みました。

外科の先生は「私は皮膚科も漢方薬も素人なので分かりません」と、思い切り場違い感を醸し出してくれましたが、意外にもそれが私にはラッキーな結果をもたらしました。

先生は、「これだけ腫れ上がっているので感染症が疑われます。まずは抗生物質が必要です。紹介状を書きますから明日にでも大病院に行ってください」と、近所の国立病院への紹介状を書いてくれました。

そして傷口の応急処置をし、抗生物質と痛み止め、胃薬を処方して貰い、その日は帰宅しました。
それまで傷が痛み浸出液が気になって眠れませんでしたので、その夜は久しぶりにぐっすり眠ることが出来ました。

・・・次号へ続く
2011.12.23 Fri l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20111217

漢方薬を飲み初めて1週間が経ちました。
患部の様子はより悲惨な事になり、ひび割れが一向に治らず、痛いわ血が出るわで日常生活に支障が出ており、痛みの為仕事にも力が入りません。

皮膚科で処方されたステロイド+湿布で文字通り「完膚なき」までに破壊された皮膚の調子が戻らず、皮が剥ける⇒薄い皮膚が出てくる⇒すぐに角質化する⇒ひび割れが治らない という悪循環によるもので、漢方薬の副作用ではないようです。
この間に対症療法を色々と試しました。
・ソンバーユ(保湿剤として塗り込む)
・赤チン(ひび割れに綿棒で塗り、傷口を消毒し乾燥させる)
・ポリ(佐藤製薬。ジュクジュクの湿疹の傷口などをものすごい勢いで乾燥させる軟膏)
・患部を外気にさらす
・患部を包帯などで巻く

結論から言うと、皮膚そのものの機能が損なわれている状態の中、傷を治そうとしてもまたすぐに割れてくるので無駄。患部を包帯などで保護し、外からの刺激から守ったり動かないように固定する事により痛みを防ぐ事に専念し、傷の治りは皮膚の再生を待つしかないという風に思います。

そして今日からは「ヒビケア」を塗り、その上からティッシュで巻いて包帯で固定しています。
今のところ角質が若干柔軟になっており、調子は良いです。


・・・さて、先週近所の漢方薬の薬局にお邪魔した時の話の続き。
この薬局は、おそらく同じ悩みを持つ人は皆様ご存知の有名処。和風の渋い店構えで、何人ものスタッフがいて薬の調合や問診に当たっており、第一印象は「パパママのお店ではなくて、かなり本格的やなー」でした。
まず問診票に症状や既往症など事細かに記入し、その後薬剤師さんの診察。

まず切り出されたのは、費用の話。月額約2万円。1年間続ける条件で若干の割引があるようですが、やはり天然素材の漢方薬を保険を使わずに処方するとなるとそれなりに費用が嵩みます。
おそらく「そんなに高いとは思いませんでした」と治療を受けない人も大勢いると推測され、薬局としてはお互いの時間の無駄を防ぐため、最初に言いにくい話を持って来る事にしているようです。

心の準備が十分整っていない段階でこの先制パンチは効きました。とはいえ皮膚科に頼っても完治は見込めないし、東洋医学の考え方=「体の異常は、体内の異変のシグナルである、従って、治療したければ体質改善すべし」、というものにも共感できるし、治療を受ける事を前提に話を続けました。

薬剤師さんとの会話のポイントは、
・皮膚の炎症は、原因不明なのではなく、体のどこかに水分代謝の異常があり、それが皮膚炎という形で発露している。いわば内臓からのSOSである。
・汗疱あるいは掌蹠膿疱症などと称される疾患だが、東洋医学的にはつまるところ内臓の異常から来る「皮膚疾患」として一括りにして差支えないと考えられている。
・問診の結果、まず間違いなく飲み過ぎによる肝機能障害が遠因となって出来ている皮膚炎であろう。
・今仮に異常がなくても、ある日突然「もう一生お酒を飲まないで下さい」と言われてしまうのが肝機能障害の怖いところ。
・それが嫌ならこれを機に自分の生活習慣を見直し、治療をすべき。

この一年ほど海外に出ずっぱりで、出張中は毎晩の様に飲んでいた管理人は心当たりがありありでした。
しかし今まで調子が悪くなったときはお酒が急に美味しくなくなったりしており、今は普通に美味しくお酒を戴けるし食欲もありました。
そのため直ぐにでもお酒を控えないと大変な事になる、と言われてもピンと来なかったのですが、手は痛いし背に腹は代えられません。

幸い12月は仕事の関係上出張が無く宴席や残業も少ない為、これを機に通常200オーバーのγ-GDPが50になるまで「禁酒」をしつつ漢方の治療を受ける事にし、初回の薬代を支払い、残り11か月分の自動振り込みの用紙と45日分の薬を処方して貰いました。


・・・次回に続く
2011.12.17 Sat l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここで私の指の水泡との付き合いの歴史を記したいと思います。
最初に指の水泡を発見したのは21歳の頃でした。
ある日指の第一関節にある水泡を発見し、少しかゆみがあったのを覚えています。
あまりに痒いときは水泡を潰したりもしましたが、おおむね大した痒みもない日が20年ほど続きました。

ここ1-2年程度の間は、水泡が悪化して黄色い膿がたまに見られるようになり、痒さも増して来ましたが、それでも患部はしばらくしたら綺麗に治り、ひび割れなども出来ませんでした。
何度か皮膚科にかかりましたが、ステロイドの軟膏を処方されても効果が実感できなかったのと、痒みや痛みが深刻ではなかったのでさほど気には留めていませんでした。

しかしここ数か月の間、患部が固定化されて皮膚がカサカサになり、それに伴いひび割れが出来ては治り、また同じ場所が割れるという繰り返しとなりました。
あまりに痛く出血もあるため、患部にキズパワーパッドを貼るようになりました。貼っている間と、その後しばらくは傷がふさがって良い感じだったのですが、だんだんかぶれがひどくなり、傷も完治しない状態が続きました。
そこで今度はステロイド入りの「メディクイック」を購入して塗るようにしましたが、患部が急激にガサついて柔軟性を失い、指の動きに伴って小さいひび割れが無数に出来るようになってしまい、たまりかねて先週皮膚科に駆け込みました。
皮膚科での指示は、ステロイド軟膏をたっぷり塗ったうえで湿布を貼り、軟膏を皮膚に浸透させるというものでした。

そもそも「原因不明の汗疱」との診断でしたが、普通に考えれば何かしら原因があると考えるのが自然です。その原因とは飲み過ぎ以外に思いつかなかった為、「カリスマ女医」に「お酒や寝不足は汗疱に影響しますか?」と聞いたのですが、「まあ、水分を過剰にとってむくんだりするのはあまり良くないですね」という答えであり、汗疱への対処=「原因は不明。対処はステロイドによる対症療法。治療では治らない疾患なので、治そうはしない事」という立場を貫くものでした。

薬を処方する際に、ステロイド+湿布をどれくらいの頻度・時間で処方するのか?等とても強い薬にも関わらず細かい指示が全然なかった事に疑問を持ち、その翌日ネットで色々調べた結果、皮膚炎は体質に起因する可能性が高い事、西洋医学は肝心の体質改善という発想を持っていない事、体質を改善したければ生活改善と漢方薬を組み合わせるのが手っ取り早い事、家の近所に有名な薬局がある事が分かりました。

管理人は鍼灸師をしていたことがある母の影響で東洋医学の考え方を少しはイメージできます。また逆に両親がガンを患った際は西洋医学の外科手術で治す事が出来たのも理解しています。
従ってどちらが優れているという事ではなく、単純に「治す事が出来るかもしれませんよ」と名乗りを上げているのが東洋医学であったため、必然的にそちらにおすがりしようと考えました。

善は急げですぐさまその薬局を訪ね、今までの食生活などを踏まえて診断をして戴く事にしました。

・・・・次回に続く
2011.12.16 Fri l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
12月10日左手親指
初めまして。今日からブログを始めます。
手指の水泡から派生するかぶれ・ひび割れが最近悪化し、本格的な体質改善を含む抜本的な治療を始める事にしました。
なかなか治りにくいとされるこの疾患。同じ悩みを持つ方々との情報交換が出来ればと思います。

手指の水泡との付き合いはかれこれ21年になります。長い間水泡がたまに出てきては引っ込むという状態でした。
しかしここ1年ほどの間に「ひび割れ」が見られるようになり、さらにここ数か月の間はひどいかぶれが引っ込まず、ひび割れも日常生活に支障をきたすレベルになってきました。
皮膚科には以前から通院し、ステロイド系の塗り薬を貰って塗布していたのですが、一向に良くなりませんでした。

皮膚科での診断は「汗疱」というものでしたが、「掌蹠膿疱症」という似たような疾患にむしろ症状が近く、「誤診では?」という皮膚科への不信感も手伝って、ネットで色々調べた結果「漢方薬」での体質改善を通じた治療が有用であるとの情報を得ました。
そこで早速今日薬局に赴き診断を受け、薬を処方してもらいました。

これから長い期間をかけて、漢方薬・食生活改善による体質改善を通じ、皮膚炎の治療を行います。その過程を随時記録にとどめていきたいと思います。
2011.12.11 Sun l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。