上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1/23 左親指 
1/23 右

今日は大病院3度目の診察日でした。
海外に行っている間、湿気のせいか非常に好調だったのが、帰る直前にせきを切ったように皮膚がぼろぼろになってしまいました。
おそらく出張中に手を殺菌消毒し、アルコールが付いたまま手袋をはめて数時間過ごし続けたのが原因と思われます。
3日前に左親指が破れ、今日現在で大小合わせて8か所に痛みを伴う切りキズが出来、ばんそうこうと包帯だらけでパソコンやスマートフォンのタッチパッドを扱うのもままなりません。

写真のように、手のあちこちで皮膚が角質化して不気味な色に変色し、何時パリッと割れてもおかしくない状況です。

先生は、「せっかく良くなったのが再燃するとは・・・。もう一度今の薬で様子を見るが、駄目ならアレルゲンを探り、飲み薬を変える事も考えよう」との事。
塗り薬は引き続き「亜鉛華軟膏+ステロイド」をがさがさした所に塗るようにとの事でした。
巷では、「ステロイドを続けて塗るのはMAX1週間」と言われているのにずいぶん悠長だなと思い、「塗り続けると良くないと聞くが、大丈夫ですか?」と聞きましたところ、「ごく狭い範囲に少量塗るだけなので問題はない」との事でした。
まずはそれを信じるのみですが、ステロイドの弊害については色々聞いているので不安です。
ステロイドが問題になるときは、広範囲に多量に使用する場合だけに限られるのでしょうか?
スポンサーサイト
2012.01.23 Mon l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kootruun.blog.fc2.com/tb.php/19-e1a622f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。