上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
汗疱が再燃してからなかなか治りません。
ステロイドが効かなくなってきているんでしょうか?
明日は2週間ぶりの皮膚科の診察です。どういう処置がなされるのでしょうか?
2012.03.15 Thu l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
風邪が長引いております。
事の起こりは2月17日、深夜まで残業し、首元がスースーするなと感じたのが発端です。
その後出張先で寒い思いをしたりで徐々に体調を崩し、先週末の2月25日についに発熱し、土日2日間一歩も外に出ずに寝込んでいました。
咳・鼻水・鼻づまりがひどく、声が枯れてしまい業務にも支障が出る有様でした。
その後も1週間にわたり声が出ず、本日近所の内科に5年ぶりにお邪魔したところ、「呼吸の終わりの『ヒュー』という音が気になる」との事。

何と43歳目前にして「喘息の疑いあり」という診断が下され、処方されたのは、咳止め・痰切の薬のほかに吸引式のステロイド薬でした。

2012-03-03 23.54.12


大人でも喘息になる事があるのか? なぜ自分がそのような目に?
など、折角お酒も控えるようになって清く正しい生活を心がけているのにショックなわけですが、まずはこの薬を使用しながら様子を見る事にします。

もちろん風邪の回復とともに咳も去ってしまえばいいのですが・・・。

ちなみに手の汗疱の方は、相変わらず荒れてますが徐々に快方に向かっているようです。

続く
2012.03.04 Sun l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2012-02-29 21.33.35
2月半ばに再燃した患部が、徐々に悪化してきております。
おそらく最も酷かったときは、病状の進行も皮膚の再生も早く短いサイクルで皮が生まれ変わっていたのですが、現在は悪化も再生も非常にスローなので、皮膚がめくれた部分が再生する前にひびが割れたりして困っております。

その為、就寝時には「ステロイド+亜鉛華軟膏2012-02-29 21.33.49
」を患部に塗り込み、脱脂綿で固定し、「黒崎えり子 ハンドケア手袋」をして寝ます。また日中は絆創膏なので患部をカバーしてひび割れが進行しないようにしております。

明後日病院で診察予定なのですが、ひょっとしたら飲み薬を変える事になるかもしれません。
2012.02.29 Wed l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は2月23日。
プチ再燃が続いています。

水泡が出来てすぐにステロイドで抑えたため、逆にその状態で落ち着いているようです(以前ならすごい勢いで水泡が爆発し、一皮むけて新しい皮が再生した)。

その為水泡を含んだ角質が、数か所居座っている感じです。

今日も薬を塗り、ピンク色の「黒崎えり子 ハンドケア手袋」をして過ごしています。
2012.02.23 Thu l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2/15

またもや汗疱が再燃しました。
とはいっても、なんとなく患部ががさがさするなと思い始めた数日後、皮がむけ始めました。
やはり定期的に出たり引っ込んだりするようです。
ただし、前回再燃した時よりも患部は確実に小さくなっており、程度も軽いです。
時間はかかっていますが、確実に良い方向に向かっているようです。

さて、本日ようやく、先週言った献血の血液検査結果が来ました。
γ-GTPが、念願の基準値「62」でした。
目標数値の50には届きませんでしたが、あと一歩です。
2012.02.16 Thu l 病状 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。